経理を効率的に!快適に!

Q&A

対応地域はどこまでですか?

基本的にはZoom等を使ったオンライン打合せを行っている為、日本国内どこでも対応可能です。顧問先のお客様の中には広島県や北海道を拠点にしている方もいらっしゃいます。また、対面での打合せをご希望の場合は、神奈川県の小田原駅から公共交通機関(新幹線や特急列車を除く)で片道1時間以内の範囲(横浜、川崎、湘南エリア、西湘エリア、湯河原、箱根、熱海、沼津等)であれば対応しております。

パソコンがあまり得意でないのですが、対応可能ですか?

はい、大丈夫です。ITを活用した経理効率化を謳っておりますが、お客様に難しい作業をしていただくわけではありません。基本的には資料をスマホやスキャナでデータ化し、それをクラウドにアップしていただくだけです。お客様にとって一番効率的な経理業務フローを一緒に構築していきますのでご安心ください。

税務以外の話をしても良いですか?

はい、税務以外の話もしてください。独立前の勤務税理士時代から、お客様によっては仕事の話よりプライベートの話の割合が多い方もいらっしゃいますが、私はこれが非常に大事なことだと思っております。

準自計化経理とは具体的にどのようなものでしょうか?

事業用口座や事業用クレジットカード等は最初に連携作業を行うだけで自動的に取引内容が反映されます。現金決済の領収書は簿記の知識を必要としない簡単なエクセル現金出納帳に取引内容をご入力いただきます。(お客様のご希望があれば領収書のスキャナ保存にも対応しております。)
準自計化経理によりお客様がクラウド会計ソフトを利用しなくとも同様の効率化が実現できるため、多くのお客様にご利用いただいております。

紙で受領した領収書も全てデータ化する必要があるのでしょうか?

紙で受領した領収書は原本のまま保存することも認められている為、お客様が紙で保存したい場合はデータ化する必要はありません。領収書のデータ化(スキャナ保存)は条件が厳しく、逆に手間が増えるケースもありますので、それぞれのメリットデメリットを説明した上でどちらの保存方法を選択するかご判断いただいております。